住まい方

 

自由な暮らし。自分らしく、ともに住まう。

自立と共生


「自立」とは身体的な事柄ではなく、自分のことは家族や親戚が決めるのではなく、

自分で決めて、決めたことの責任は自分が負うという、ごく当たり前のことです。

「共生」とは助け合いの心です。仲間が一つ屋根の下で暮らすことは お互いの譲り合いがなければ、暮らしてはいけません。

自分のことは自分が決めて お互いが助け合う「家族」のような暮らしをしていくということです

地域とのふれあい

地域の方々とのふれあいが、これからの暮らしを豊かなものにしてくれます。

共有スペースで開かれる教室や イベントを開催したり、 自分が参加するだけではなく、自分が持っている趣味や仕事での経験を活かして、 自分が企画して人々に参加して もらうに位になれば、自分も健康で豊かな生活が 維持できます。

NPO法人みなサポ 地域支え愛チームの支え

​食事、家事、介護、医療、などについての手助けをします。
自分一人では、ちょっと無理なことでも専門の医師、介護の専門家、保健師、弁護士 などのサポートを手配します。 お困りなことはNPOのスタッフ一同が、直接に話を 伺って、適切と思われる方法で お手伝いします。

 

日々の暮らしを楽しめる住宅

生活者が主体となって暮らし方を決めて、みずから暮らしをつくる楽しみと自由が(時には苦労も)含まれる住居スタイルです。1年を通して、色々な行事が企画されています。

 

電話のアイコン

お気軽にお問い合わせください

054-237-6632

資料請求